もうご存知とはおもいますが、AKBが青森の握手会で襲われましたね。


AKB48メンバーの川栄李奈さん(19)と入山杏奈さん(18)、男性スタッフがのこぎりのような刃物で切り付けられた事件です。


昨日、台湾の無差別殺人事件について書いたばかりだったんですけどね。


ほんと、毎月日本の何処かしらで、殺傷事件が起きています。

海外の方に英語を習ってるという友人がいますが、外国(東南アジア辺り)では「ナイフディフェンス(短刀捕り)」を習ってることは珍しくないと言っていました。

日本では「ナイフディフェンス」って言ったら、「はあ?」って言われそうですが^^


日本人は世界でもトップクラスに危機管理能力が薄い人種です。

それは、幼い頃から「犯罪は人として恥ずべき行為」なのだと教えられてきた、日本人の美徳ともいえる部分が邪魔してるのだと思います。


秋葉原の事件の時ですが、隣で人が刺されてるのに携帯をいじってたとききました。

台湾でもスマホをいじってる人も少なく無かったとニュースで言われてました。


目の前の出来事」が把握出来ないほど、ボケてしまってるのです。



あなたは大丈夫ですか?



最近は市川支部でも、指導する機会が増えてきました。


ウチの支部は、リーダーはキチンといらっしゃいますが、「支部長」という役職の人がいません。

持回りで、黒帯がやっています。


大体は一番古株の方がやって下さいますし、リーダーがいればやって下さいます。


でも、どこの支部でも同じだと思うのですが、仕切る人がいなければ、他の黒帯、黒帯がいなければ、茶帯とその場にいる一番先輩が指導をするんですな。


でも、指導は勉強になります。


予め、今日は「指導」と分かっていれば何をやろか考えて行けるのですが、急にそうなる場合もありますから油断出来ません^^


昨日も指導させて頂いたのですが、最近の「刃物事件」でのアオリからか、つい熱が入ってしまい、いろいろとやりすぎてしまいました。

ちょっと反省・・・(ー_ー;)


私が少林寺拳法をやってた、中学高校時代は、「週に3回喧嘩の練習にきてるんだから、試せよ!」ってよく言われてましたね^^

で、実際、関節技なんかはよく試しました(^O^)


殴る蹴るを試してたら、友達いなくなりますよね(・∀・)


でも、せっかく教えて頂いたからには誰にでも掛けられるようにしたいと常々思っています。

もちろん、教えるときも誰にでも掛かるように覚えてほしいと思っています。


で、このブログも芦原会館の方も読んでるようなので、「ナイフディフェンス」やりたいときは遠慮なく行って下さいね^^


たまに教えてる私でさえ、ナイフで襲われたことが無いのですけどね(^^)


そこはイメトレということで、楽しくやってる芦原会館市川支部です!





前に真剣に購入しようと思ってた、「防刃Tシャツ」が売ってるサイトをご紹介しときます。

でも、海外行くときは買おうかな^^


いつ不運に巻き込まれるか分からないからこそ、「防犯百貨」の刃物に強い衣類「防弾・防刃ウエア」を。





バイぞ(^O^)/

スポンサーリンク