最近は、というか、1月は毎年、ヒマなんで、小まめに空手にいけます。

練習すればするほど、奥が深いと思います。

今でもそうですが、年を重ねても出来る空手を創りあげたい。

「力」に頼らない「技」を身に付けたいと常々思っています。


しかし、「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を読むと、「力」「パワー」の重要さも感じます。

しかし、力に頼ると年をとったらできなくなります。

武道とは、「一生出来る、修行」だと思っているので、複雑です。

多分、今の私の年齢ぐらいから、「力」→「技」に質を転換していかなければいけないと思っています。


まだまだ未熟な私は「力」に頼ってしまいます。


しかし、空手や武道・武術は楽しいですね。



スポンサーリンク





私の特徴ですが、「軸足刈り」が得意というか、癖です^^

20150129_130806000_iOS20150129_130624000_iOS


先日の稽古中、写真を撮ってもらいました。

写真の、動きのほとんどが、「軸足刈り」ですわ^^

これぐらい出せる技があと3~4つ欲しいところです。

まあ、他にもつい出してしまう技もありますが、あまり紹介すると恥ずかしいし、対策をされても困るのでここまでで。

って、「誰に対策されんねん!」って感じですが^^



高品質低価格トレーニングアイテム byボディメーカー



最近、「昔やってました」といって、入門してくる人がちらほらっていうかほとんどです。

40代が多いですね。

私もその口なんで、理解できますが、武道って「道」って付いてるぐらいだから、痛くても「正しいんだ!」って思って昔の頑張ってる自分にもう一度戻りたいって思ってしまうんですね。

単に、「ダイエット」目的の方もいますけど・・・問題ありません。

この年で、「おやじ狩り」とかあっても、笑えませんからね!

返り討ちですわ^^

ってか、練習してる技試すんだろうなあ・・・

まあ、そんな状況にはならないようにしなければいけないんですけどね。


私も尊敬している、合気道の達人「塩田剛三」先生が、「合気道で一番強い技、それは自分を殺しに来た者と友人となることだよ」って言ってます。

また、こうも「歩けばそれ即すなわち武である」、「武道は、一生であり、一瞬である」、名言ですね。

何かを極めた人でないとこういうことは言えませんからね。


まあ、その前に、空手の出来る事への感謝も忘れてはいけませんね。

肉体や環境ですね。

幸せや健康は無くしてみて分かります。

って、「俺は誰やねん!


バイぞ(^O^)/

スポンサーリンク