最近は、阪神淡路大震災から20年ということで、特別番組が結構報じられています。

当時、私は、とっくに東京に出ていましたが、ミュージカルとダンス公演ばかりやっていた頃で、たぶん暫く仕事が無かったんですかね。

実家が好きなため、その日も実家にいました。

高知です。



スポンサーリンク





明け方かなりの地震に飛び起きたことをよく覚えています。

おばあちゃんもいて、驚いて起きていました。


弟もいましたが、図太いのか、起きませんでした(^O^)

そして、テレビをつけると関西が火の海になっているニュースが飛び込んできて驚いたものです。


それから、東日本大震災時は東京の自宅にいましたが、あまりの揺れに、買ったばかりのテレビと棚を押さえていました。

それから、ベランダにある、温水器のパイプが外れ、お湯が噴き出し、湯気で前が見えなくなるほどでした。

それが、住んでいるマンションのアチコチから上がりました。


当然、お湯が出なくなったので、二日後から直る間、銭湯に行くことになり、同じところでは飽きるので、近所の銭湯を回っていました。

そこで、感動したのが、「これ救援物資です。」と番台のおばさんから渡された、「カロリーメイト」でした。

その時は、本当に感動しました。

コンビニやスーパーで品物が無くなり始めていましたから、少ないけどストックしてあったんですね。

銭湯などは、地元密着ですから。

そんな、感動をくれた銭湯が、今日ジョギングをしようと、いつものコースを工事中のため迂回してたら何やら鉄骨が組まれていました。

「どうしたのかな?補強工事?」と思って近づくと、「30余年あまりの営業を終了致します。いままでありがとうございました。」と掲示板に書かれていました。

要するに、潰れた訳です。

最近寒いし、たまには銭湯でも行こうかと思ってた矢先に・・・

本当に寂しくなりました(T_T)

銭湯は年々減少傾向の一途をたどっています。

昨年も大学時代住んでいた近くでロケがあり、近所を散策してみると、通ってた銭湯がアパートになっていました。

それは寂しかったですね。

仕方が無いんですかね。

人それぞれ生活が掛かっていますから、赤字ばかりの生業は出来ないんですよね。

それは私に取っても同じです。

なんか、寂しい反面、がんばろう!と思いました。


番台のおばちゃん、感動を有難う!


バイぞ(^O^)/








スポンサーリンク